1月

初詣浅草観音(はつもうで)

初詣り

浅草寺及び、浅草神社の初詣については、各ホームページでご確認ください。

浅草寺:https://www.senso-ji.jp/hatsumoude2022.html
浅草神社:https://www.asakusajinja.jp

全国の主要な神社仏閣840ヶ所の中でも浅草寺は常に多くの人が初詣に訪れ、正月の浅草は人の波でごった返します。このため現在は、大晦日の夜は参詣客の混雑緩和のため、現在では雷門通りと馬道通りが歩行者天国となります。元旦午前零時に弁天山の除夜の鐘が「百八会」の手で打ち鳴らされる頃の浅草寺境内は、華やいだ人々で埋まります。午前零時きっかりに、開運厄除けのお守りが授与されます。除夜の鐘を境にして年の瀬も初春のけじめもなく、大晦日がそのまま元旦につながっているのですが、流石に初詣りともなると、どの顔も豊かに微笑しているようです。そして仲見世から観音堂につらなる表参道の人の流れは、朝になっても、更に三が日引き続いて途絶えることはありません。永井荷風は「踊子」と言う作品の中で浅草寺初詣りをこんな風に書いています。「公園内外の商店飲食店はなにに限らず夜明かしの景気です。12時を過ぎて2、3時頃になると、初詣りや恵方詣に出かける人や、既にお守りなんぞを持って帰って来る人達で、広小路から公園の中は押されて歩けないくらいです。」浅草寺のご本尊は聖観世音菩薩で、推古天皇36年の3月18日、隅田川から漁師であった檜前浜成、竹成の二兄弟によってすくい上げられ、この土地に祀られましたが、以後庶民の信仰に支えられ、しだいに大寺となったと云われております。正月の法要としては、12月31日(大晦日)から1月6日まで、修正会が行われ、この一年の吉祥を祈願して、鬼追いの儀式があり、また別に1月12日から18日までの7日間、昼夜を問わずぶっ通しで温座秘法陀羅尼会というものが行われ、天下太平、五穀豊饒を祈願いたします。

関連記事

  1. 七夕 下町七夕まつり *2021年開催中止
  2. 浅草サンバカーニバル 2021年浅草サンバカーニバル *再延期
  3. お座敷おどり 浅草芸者のお座敷おどり 2022年
  4. 泣き相撲 泣き相撲-九代目團十郎「暫」復元記念 *中止
  5. 仏生会 花まつり 仏生会(花まつり)
  6. 菊供養会 菊供養会(きくくようえ)
  7. 鼓童2022 2022年 鼓童浅草特別公演「翔走ーShosoー」
  8. 浅草観音文化芸能人節分会

会員店紹介

  1. 木彫刻 宗舟
  2. ロシア料理 マノス ロシア料理マノス
  3. ふぐ料理 三角
  4. 洋食 和風れすとらん若 和風れすとらん若
  5. 甘味処 彩夏 甘味処 彩夏 あんみつ
  6. 扇子 文扇堂 文扇堂
  7. 浅草きびだんご あづま
  8. フグ・魚専門店 魚熊水産 ふぐ 魚料理 三代目魚熊

今月の浅草

  1. 白鷺の舞
  2. 隅田川きもの園遊会
  3. 泣き相撲
  4. 十三参り

モデルコース

  1. 浅草の歩き方モデルコース 落語
  2. 浅草散歩 お正月コース
  3. 三社祭
  4. 浅草の歩き方モデルコース 歌舞伎
PAGE TOP