10月

金龍の舞

金龍の舞

3月18日示現会・10月18日菊供養会 奉演

浅草寺の山号を金龍山と言う縁起は「十八日寺辺に一夜にして松千株ほど生ず、三日を過ぎて天より長さ百尺ばかりの金鱗の龍、松のなかにくだりしが、その後あるところをみず、これによって金龍山と言う」ところから出ています。金龍の舞は、この由来によるもので、昭和33年10月昭和本堂が落慶した際、浅草観音慶賛会が後生に永く伝える記念行事として創始奉納したものです。長さ5m、重さ80kgの金龍は、観音様の姿に喜び、勇ましい華麗な舞は、宗教的意義が高いといわれている。金龍の舞の奉演は3月18日のご本尊示現会と10月18日の菊供養の佳日に行われています。
金龍の舞は故久保田万太郎先生の指導の下に演出吉川義雄、作曲町田嘉章、舞の振付藤間友章の諸先生が担当され、地元の各町青年部有志70余名が斎戒、精魂を傾けて奉演します。既に著名な行事となっています。

*新型コロナ感染予防対策で行事の予定が変更になっていることがあります。
詳細は浅草寺公式ホームページでご確認ください。

関連記事

  1. 宝の舞 宝の舞(たからのまい)
  2. 針供養 針供養(はりくよう)
  3. 万霊燈供養会 万霊燈供養会(ばんれいとうくようえ)
  4. 菊供養会 菊供養会(きくくようえ)
  5. 新年大祈祷会
  6. 三社祭 三社祭 令和3年
  7. 涅槃会 涅槃会(ねはんえ)
  8. 牛玉加持会 牛玉加持会(ごおうかじえ)

会員店紹介

  1. 洋食 和風れすとらん若 和風れすとらん若
  2. 寿司 すし処清司
  3. サイクル着物・帯・古布等 今昔きもの龍巳 今昔きもの龍巳
  4. 洋風居酒屋 魚菜 魚菜
  5. せんべい 和泉屋
  6. 書道具 宝研堂 書道具 宝研堂
  7. 炭火焼会席 蔵
  8. 甘味喫茶 浅草鉢の木 甘味喫茶 鉢の木

今月の浅草

  1. 写経供養会
  2. 菊供養会
  3. 金龍の舞
  4. お座敷おどり

モデルコース

  1. 三社祭
  2. 浅草の歩き方モデルコース 歌舞伎
  3. 浅草散歩 お正月コース
  4. 浅草の歩き方モデルコース 落語
PAGE TOP