7月

隅田川花火大会 *感染症対策により中止

花火大会

隅田川で初めて花火が打ち上げられたのは、江戸時代、享保18年(1733)5月28日と記されている。八代将軍吉宗が全国的な飢餓や悪病の流行など、暗い世相をなんとか打開しようと、水神の慰霊を行う際に両国橋付近で花火を打ち上げたそうです。以来、両国の川開きとして250年の伝統を保ってきましたが、交通その他の事情により、昭和36年を最後に中断しました。それが昭和53年、東京都や沿岸4区の肝いりで実行委員会が組織され、隅田川花火大会として復活しました。しかし会場は両国ではなく、今戸付近と駒形橋-厩橋間との2会場で、玉は小粒ながら15,000発の打ち上げ花火を上げ、見物客80万人を数え、大川端は17年ぶりに人出でごったがえしました。江戸の昔から隅田川は船遊び、花火といった市民遊楽の場となっており、その優雅さは北斎、広重、豊国、一景といった画家たちによって描かれている。観客も年々多くなり、夏の夜空の光の芸術を楽しむ風物詩となっています。

日程:2020年7月11日(土)*中止となりました。

時間:午後7時から午後8時30分

場所:第一会場(桜橋下流~言問橋上流)・第二会場(駒形橋下流~厩橋上流)

詳細は隅田川花火大会の公式ホームページでご確認ください。

関連記事

  1. 七夕 下町七夕まつり 2020年開催中止
  2. 牛玉加持会 牛玉加持会(ごおうかじえ)
  3. 宝の舞 宝の舞(たからのまい)
  4. 初詣り 初詣浅草観音(はつもうで)
  5. 菊供養会 菊供養会(きくくようえ)
  6. 涅槃会 涅槃会(ねはんえ)
  7. 新年大祈祷会
  8. お富士山の植木市 浅間神社例大祭「お冨士さんの植木市」*中止

会員店紹介

  1. 天ぷら、季節の日本料理 葵丸進
  2. 料亭 都鳥
  3. つげ櫛 よのや櫛舗
  4. 手ぬぐい ふじ屋
  5. 組み紐 桐生堂
  6. フグ・魚料理 三代目 魚熊 ふぐ 魚料理 三代目魚熊
  7. ゴルフ用品 グリーンジャケット
  8. 書道具 宝研堂 書道具 宝研堂

今月の浅草

  1. 万霊燈供養会
  2. 浅草サンバカーニバル

モデルコース

  1. 浅草の歩き方モデルコース 歌舞伎
  2. 三社祭
  3. 浅草の歩き方モデルコース 落語
  4. 浅草散歩 お正月コース
PAGE TOP