季刊誌

日本の扉 浅草 Vol.26

槐の会季刊誌26号

掲載内容

代表的催事(3月~8月)
浅草周辺マップ
浅草エリアマップ(東西南北および中央部の5エリア)
浅草昔語(浅草近郊桜の名所)
浅草発・下町の歩き方(お花見マル秘スポット)
あの店この顔
この浅草(このまち)のことならオレに聞け!
職人たちが工夫をこらした「江戸玩具」の粋
浅草槐の会・マップリスト(会員店詳細)
浅草年間歳時

コラム:この浅草(このまち)のことならオレに聞け!

江戸玩具が小さいワケは?

お前さん達は子供の頃にどんな遊びをしたかい?けん玉、ヨーヨー、メンコにベーゴマ。女の子ならお手玉、あやとり、おはじき…。ちょいと路地を見りゃ、かくれんぼや鬼ごっこ、石蹴り、ゴム跳び、凧揚げをして駆け回る姿をおがめたもんだ。
そんなもの今どき流行ンないよ、なんてことは言いっこなしだ。昔ながらの遊びには、良さがたっぷりあるんだから。
ざっと時代を遡り、徳川吉宗の頃。士農工商の世のはずが、武士と承認の生活の豊かさが逆転し、武士の威厳を保つための贅沢禁止令が出された。庶民は派手なものや大きなものを慎む羽目になり、玩具も小さくて質素なものが作られるように。そこで江戸の職人たちは競うように小さな玩具を作ったが、小さくとも手を抜かず実用的、かつ「意味」があったってところに彼らの意気を感じるねェ。
直接言ったり他人様に迷惑かけるのは野暮だが、一呼吸おくとお洒落。金も迷惑もかけずに言葉で遊ぶのが粋ってもんだ。

自分で作って自分で直せる

1円玉にも満たない大きさの枡。その中に爪の先ほどの独楽2つ。「ますます小マメに健康に!福は内!!」てなワケ。この枡は小さくても省略せずに組んであるし、独楽も長く回るからたいしたものさ。意外な所から意外な物が出るたとえで「瓢箪から駒」というが、玩具職人の手にかかると駒ではなく独楽が飛び出し「瓢箪から独楽」となるから面白い。こちらの独楽は福の内より更に小さくて驚くぜ。歌舞伎「法界坊」で「しめたぞ、しめた。しめこのうーさうさ!」と言って有頂天になる場面があるが、この言葉遊びを題材にしたのが「とんだりはねたり」だ。
ゴムなど無い時代、竹と紐だけを使い、紐をよじった反発力で人形が跳ね上がる。という仕掛け。ちなみに「しめこの兎」は物事が思い通りに運んだ時に言う洒落さ。
「笑う門には福来る」という言葉にちなんだ玩具といえば「笊かぶり犬」。竹冠に犬、つまり「笑い」。傘を重ねて「かさねがさねニコニコ健康に」ってなワケで、子供の誕生祝いに贈られることも多いね。
隅田川でシジミが捕れた江戸の昔から親しまれているのが「ずぼんぼ」。体は紙、足はシジミ貝。放り投げてもフワフワと宙を舞いつつ、ちゃんと着地する。
これらの玩具はみな身近な材料を使い自分で作れて自分で直せる。これも江戸玩具のすぐれた点の一つだ。欲しくなれば新しいものを買い、壊れたら捨てるのが当たり前な昨今、自分で作る楽しみを味わってはいかがかな。

その他の記事はPDFにてご覧になれます。

日本の扉浅草Vol.26をダウンロード(5MB)>>

 

関連記事

  1. 槐の会季刊誌20号 日本の扉 浅草 Vol.20
  2. 槐の会季刊誌10号 日本の扉 浅草 Vol.10
  3. 槐の会季刊誌23号 日本の扉 浅草 Vol.23
  4. 浅草槐の会季刊誌 日本の扉浅草 vol.42 日本の扉 浅草 Vol.42
  5. 日本の扉浅草38号 日本の扉 浅草 Vol.38
  6. 槐の会季刊誌35号 日本の扉 浅草 Vol.35
  7. 槐の会季刊誌4号 日本の扉 浅草 Vol.4
  8. 季刊誌 2021年46号 日本の扉浅草 Vol.46

会員店紹介

  1. 和菓子 龍昇亭西むら
  2. 寿司 すし処清司
  3. 浅草きびだんご あづま
  4. フグ・魚専門店 魚熊水産 ふぐ 魚料理 三代目魚熊
  5. 神輿、太鼓、祭礼具、神具 宮本卯之助商店
  6. つげ櫛 よのや櫛舗
  7. ロシア料理 マノス ロシア料理マノス
  8. 料亭 都鳥

今月の浅草

  1. 白鷺の舞
  2. 隅田川きもの園遊会
  3. 泣き相撲
  4. 十三参り

モデルコース

  1. 浅草散歩 お正月コース
  2. 浅草の歩き方モデルコース 落語
  3. 浅草の歩き方モデルコース 歌舞伎
  4. 三社祭
PAGE TOP