2月

七福神の舞(2021年は中止)

七福神

2月3日 正午・午後2時
浅草寺本堂にて(2021年は中止)

昔から七福神は福徳の神として庶民の信仰を集めてきましたが、浅草寺の末社の中にも七福神を祀るものがあり、七福神めぐり等も行われておりました。又、江戸末期、猿若三座の一つ市村座の座主は浅草観音に帰依の心極めて深く、自分の座の興行には前狂言として「七福神踊り」を上演して観音様の功徳をたたえました。この「七福神踊り」は長唄もので、享保~宝暦年間に市村座の立三味線を勤めた初代杵屋宇右衛門の作曲と伝えられますが、市村座では三番叟と同じ意味で毎日の興行に前狂言として稲荷町の俳優(今日の大部屋連中)に初演させ、明治初年まで続きました。従って浅草にゆかりの深いこの市村座の七福神踊りを、昭和39年4月1日、宝蔵門落慶の記念行事として復興することにしたのであります。恵比須、大黒の二神は素面にし、他の五福神は面蘢をかぶって顔をかくしています。衣装、小道具は何れも七福神の故実通りにし、恵比須、大黒の二神だけが舞をまい、他の五神は後方に控えています。
考案:高坂公一
作詞:竹柴蟹助、作曲:杵屋勝五郎 振付:花柳輔三郎、作調:望月太左衛門
奉演日:二月節分会、浅草寺本堂

詳細は浅草寺ホームページにてご確認ください。

関連記事

  1. 新年大祈祷会
  2. 星供養 星供養(ほしくよう)
  3. お座敷おどり 浅草芸者のお座敷おどり*4〜7月開催中止
  4. 弥生祭消防殉職者慰霊祭 弥生祭消防殉職者慰霊祭
  5. 三社祭 三社祭 令和3年
  6. 浅草寺行事 修正会 修正会(しゅしょうえ)
  7. 菊供養会 菊供養会(きくくようえ)
  8. 御宮殿開扉法要 御宮殿開扉法要(ごくうでんんかいひほうよう)

会員店紹介

  1. つげ櫛 よのや櫛舗
  2. 和風らーめん 与ろゐ屋 名代らーめん 与ろゐ屋
  3. 踊り衣装、舞小道具 すずや
  4. 炭火焼会席 蔵
  5. ふぐ料理 三角
  6. 洋食 和風れすとらん若 和風れすとらん若
  7. 染絵てぬぐい ふじ屋
  8. 市川豆腐店 市川豆腐店

今月の浅草

  1. 彼岸会
  2. お座敷おどり

モデルコース

  1. 浅草の歩き方モデルコース 落語
  2. 三社祭
  3. 浅草の歩き方モデルコース 歌舞伎
  4. 浅草散歩 お正月コース
PAGE TOP