5月

びんざさら舞-東京都無形文化財

びんざさら

2021年の神事びんざさら舞は5月15日午前11時より浅草神社拝殿・神楽殿にて奉納

詳細は浅草神社奉賛会公式ホームページでご確認ください。(https://www.sanjasama.jp

推古天皇御代36年(628年)3月18日浅草浦付近(宮戸川)で漁をしていた漁師檜前浜成(ひのくまはまなり)・竹成(たけなり)の兄弟の網に一体の小さな観音像がかかりました。その観音像を現在の駒形橋付近からあがられた観音像をとりあえず槐の木の切り株の上に安置しました。そのおり草庵<藜堂>(あかざどう)を作った十人の千束田圃の百姓衆が草庵の完成を祝って踊ったのが「びんざさら」の始まりと言われております。
「神事」びんざさら舞とは五穀豊穣を祈願して奉納する舞で、この舞は百姓の田楽舞としては大変上品で優雅な舞であり装束にも特徴があって、白と臙脂に染め分けられた縒糸を周りに深々と垂らし顔を覆い隠す「綾蘭笠」を冠り袴や金襴の衣装を纏います。この衣装を付けているときは身分を従四位の下に遇されていたとも伝えられます。三社祭奉納の「びんざさら舞」は五穀豊穣・悪霊退散を願って田楽舞(ささら舞)と子孫繁栄や害虫・悪疫消除祈願の獅子舞が舞われ、二つの舞が備わっている形は全国でも珍しいものとされています。
写真提供:あやめ連

関連記事

  1. 初詣り 初詣浅草観音(はつもうで)
  2. 楊枝浄水加持会 楊枝浄水加持会(ようじじょうすいかじえ)*中止
  3. 羽子板市 納めの観音 浅草寺 羽子板市
  4. 金龍の舞 金龍の舞
  5. 白鷺の舞 白鷺の舞(しらさぎのまい)
  6. お座敷おどり 浅草芸者のお座敷おどり*4〜7月開催中止
  7. 御宮殿開扉法要 御宮殿開扉法要(ごくうでんんかいひほうよう)
  8. おいらん道中 浅草観音うら一葉桜まつり 江戸吉原おいらん道中

会員店紹介

  1. 祭用品 めうがや 祭り衣装 めうがや
  2. どじょう どぜう飯田屋 どぜう飯田屋
  3. ヤマダの家具
  4. 市川豆腐店 市川豆腐店
  5. 和装履物 まつもと履物店 まつもと履物店
  6. 染絵てぬぐい ふじ屋
  7. ダンス・舞台衣装 東京モード
  8. 木彫刻 宗舟

今月の浅草

  1. 彼岸会
  2. お座敷おどり

モデルコース

  1. 三社祭
  2. 浅草の歩き方モデルコース 落語
  3. 浅草散歩 お正月コース
  4. 浅草の歩き方モデルコース 歌舞伎
PAGE TOP